2014年 10月 11日

滋賀県近江八幡市 野田町へ コスモスが見頃に

 滋賀県近江八幡市の野田町のコスモスを観に行ってきました。

撮影日は10月11日です。

JR近江八幡駅から徒歩30分。野田町へ。
草の根広場の向こう側にコスモス畑が広がります。
b0325840_22450881.jpg
ようこそ野田町へ。(こちらは撮影日が10月9日です)
b0325840_22451841.jpg
見頃になっていました。
b0325840_22452641.jpg
10月9日にも訪れたのですが空が暗くて再度となりましたが
台風前、雲多めですがなんとか青空をみせてくれました。
b0325840_22453122.jpg
コスモスが一面に広がります。
b0325840_22453437.jpg
間の通路もこんな感じで。
b0325840_22454960.jpg
高さが違うのがありました。咲き具合も違いましたが。
b0325840_22455933.jpg
秋桜色一色。
b0325840_22460534.jpg
b0325840_22461274.jpg
b0325840_22461707.jpg
近くには新幹線が走ります。
どうセットでとればいいかよくわかりませんでした。
先日、10月7、8日にドクターイエローが走ったらしいです。
撮りたかったな〜。
b0325840_22462686.jpg
鉄塔より高く。
b0325840_22463150.jpg
b0325840_22463481.jpg
こちらは西側へ移動して学校の近くのコスモス畑。
近江鉄道が走ります。
b0325840_22464211.jpg
こちらにも新幹線が走りますが
b0325840_22464638.jpg
鉄撮にはひと工夫が必要そうですね。
来年以降の課題です。
b0325840_22464926.jpg
見頃を迎えている近江八幡市野田町のコスモスでした。

去年から訪れているのですが去年撮影した場所にはコスモスがなくなってたりしました。
でも人もそれほど多くなく比較的快適です。
来週、コスモス祭だそうですが台風通過後、大丈夫でしょうかね〜。


by kurese0535 | 2014-10-11 23:07 | 滋賀・秋 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://kureseflow.exblog.jp/tb/23550061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pengini at 2014-10-12 03:32
おはようございます。遠征お疲れ様です。
のどかな景色が広がっていますね。電車とのコラボレーションも素敵です。
徒歩30分・・・歩かれたのですか(@@) 頭が下がる思いです。
Commented by arak_okano at 2014-10-12 07:03
新幹線にコスモス畑とは素晴らしいですね、バグースです。ドクターイエローは今月の土日の運用は無いようです。平日でも大丈夫でしたら、調べます。アラック、今、京都へ向かっています。
Commented by kanmyougam at 2014-10-12 09:09
農家の田んぼがコスモス園になっているようですね。
のどかですね。
楽しむ側はいいですが、園を管理されている方大変そう。感謝したいですね。
Commented by nararanran at 2014-10-12 09:31
こんにちは~

わぁお~最後の電車とコスモスの写真いいです\(^o^)/
台風が心配ですが、コスモスも頑張ってくれるといいですね~。
明日?なのかな?
わたしも風で倒れないように頑張ります(笑)
大丈夫やって? うん、大丈夫なくらいのダンベルがあちこちについています(笑))
Commented by deepseasons at 2014-10-12 19:01
こんばんは〜
ここも広々とした花畑ですね。
やっぱりコスモスには青空です。 撮り鉄ではないですが、
最後のローカル線も絵になりますね。
ちなみに、近くで33年振りの祭りもあったようですね〜
Commented by kurese0535 at 2014-10-12 23:41
penginiさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
徒歩30分ですが近江鉄道ぞい等、けっこうのどかな風景なので
あまり苦にはなりません。
お子様連れだとちょっと無理があるかもしれませんが
結構年配の方もピクニック気分で来られているようです。
近江鉄道は特に京都市内では観れないローカル線なので
味わい深く感じますよ。
Commented by kurese0535 at 2014-10-12 23:45
アラックさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
新幹線とコスモス、撮鉄さんの間では名所のようです。
イエロー、ありがとうございます。おそらく次のイエローのときは
コスモスも見頃過ぎているだろうと思います。休みもあうかどうかですので。
また来年以降にトライですね。
京都、今日はなんどか持ってよかったですね。
明日はかなりやばそうです。
Commented by kurese0535 at 2014-10-12 23:51
kanmyougamさん、こんばんわです。
休耕田を使って地域活性の一環としてされており今年で13年目らしいです。
のどかな風景に癒されますね。
確かに、こうやって楽しめるのも管理されている方々があってですからね。
台風通過後も綺麗に咲き続けてほしいですね。
Commented by kurese0535 at 2014-10-12 23:57
らんさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
電車とコスモスのセット、なかなか難しいですね。
なれないのでどこから撮ればいい感じになるかよくわかりませんでした。
でもって近江鉄道の場合、失敗すると次なかなか来ないんです(笑)
明日がやばそうですね。出歩かないほうがよさそうですよ。
風だけでなく雨も気になりますね。
倒れなくとも飛んでくるものにも注意しないと!!
Commented by kurese0535 at 2014-10-13 00:12
deepseasonsさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
コスモスはやはり青空ですよね〜。2日前訪れたときと
全然気持ちよさがちがいました。
33年ぶり・・苗村神社でしょうか。近くですが
やっぱり遠いですし祭事は撮影が難しいので
はなから諦めてました・・でも33年ぶり・・貴重ですよね。
うーん観たかったかも(;^_^A
Commented by kirafune at 2014-10-13 09:57
わああ、いいな、いいなあ。
満開のコスモスと鉄道。
撮りたいなあ。
それにしても、一面のコスモス畑、いいものですね^^
Commented by miyakokoto at 2014-10-13 17:28
うわぁ~!
凄い\(◎o◎)/! 私も新幹線が走っている姿を撮りたくて・・・
滋賀県まで行かないと良い場所は無いですネ 防御壁がないから
良い場所ですネ イエロー新大阪で止まっているのを撮りましたが・・・
難しくても走っている姿が撮りたいですネ
情報有り難うございます<(_ _)>
Commented by dejikaji at 2014-10-13 20:24
kurese0535さん、こんばんはです。
近江八幡にこんなコスモス畑があるんですか!
毎年この時期近江鉄道で撮り歩くんですが、気付きませんでした(汗
満開のコスモスと青空、まさに初秋の景色ですね!
Commented by kurese0535 at 2014-10-13 21:15
kirafuneさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
ずーと続くかのような一面のコスモス、なかなかよいでしょう。
ローカル鉄道あり、新幹線ありで。
近江鉄道を観てるとのどかな風景がさらにアップしますね(^^)
Commented by kurese0535 at 2014-10-13 21:19
miyakokotoさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
確かに大阪や京都ではいい場所なさそうですね。
でもここも電信柱やら多いかなと思ったりもします。
自分もイエローは京都駅で止まっているところを撮りましたが
走っているところも撮ってみたいですね。
でも新幹線てあっというまに過ぎて難しいですね。
Commented by kurese0535 at 2014-10-13 21:23
dejikajiさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
おお、近江鉄道撮りには行かれておられるのですね。
ここ野田町は丁度、近江鉄道と新幹線がクロスするあたりです。
撮り鉄さんの方々ではコスモスとセットで有名だそうですよ。
dejikajiさん、見本になるような鉄道のお写真、拝見したいです。
Commented by youpv at 2014-10-14 10:34
おはようございます~。
コスモスと鉄道のコラボレーション、
素敵過ぎます(^^)
Commented by kurese0535 at 2014-10-14 21:34
youpvさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
ここのコスモスと鉄道のセット、いいでしょう^^
もっといい感じに撮りたいのですが自分には難しいです。
youpvさんもいつかぜひ”京都写真”番外編で(^_^)
名前
URL
削除用パスワード


<< 鉄道の日の梅小路蒸気機関車館へ      夕暮れ時の清水寺へ >>