タグ:風景 ( 128 ) タグの人気記事


2017年 12月 30日

紅葉の大山崎

2017年11月26日撮影
更新が遅れています
そして今年最後の更新になります

紅葉時に初めて訪れた大山崎界隈。
ちょっと早かったみたいで色もイチョウの散りも空色も
みんな今ひとつでした。

山崎聖天
b0325840_00090878.jpg
b0325840_00091294.jpg
b0325840_00091430.jpg
b0325840_00091804.jpg
b0325840_00100781.jpg

b0325840_00100420.jpg
b0325840_00095221.jpg
b0325840_00092772.jpg
b0325840_00092257.jpg
b0325840_00092434.jpg
宝積寺
b0325840_00101346.jpg
b0325840_00101635.jpg
b0325840_00101835.jpg
b0325840_00102345.jpg
b0325840_00102575.jpg
大山崎山荘
b0325840_00104763.jpg
b0325840_00105794.jpg
b0325840_00110562.jpg
b0325840_00110769.jpg
b0325840_00111079.jpg
b0325840_00111391.jpg
b0325840_00111516.jpg
b0325840_00111836.jpg
b0325840_00112121.jpg
大山崎の紅葉でした。
ここは人も少ないので来年リベンジしたいです。


紅葉の途中ですがこれにて今年の更新を終了します。
たくさん巡れていないのに紅葉を年越しさせることになりました。
年始にちょこちょこ更新予定ですが
年始のご挨拶以降、Instagram共々、少しお休みいたします。

いつもはここで今年の反省点的なことを記述しますが、時間もないのでまたの機会にします。

本年もショボこい当ブログに訪問、コメント、いいねをいただきありがとうございあした。
また撮影地でお会いしたおなじみのブロガーさんや写真家の方、
面識のない同じ写真の趣味の方々。
いろいろお世話になりありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお迎えください。


by kurese0535 | 2017-12-30 00:40 | 京都・秋 | Trackback | Comments(4)
2017年 12月 23日

嵐山花灯路2017

2017年12月14日撮影
紅葉更新中ですがわりこませます
嵐山花灯路は終了しています。
b0325840_23570935.jpg
2年ぶりに行ってきました。
去年は紅葉直前に帯状疱疹になったこともあり夜の撮影は控えていました(現在も夜撮影控えプチ継続中)。
三脚も持ち出して撮影しましたが久しぶりだったので雲台が取れそうになっていたり
持ち運びも不慣れになっていました。

さて、渡月橋のライトアップ。
いつもどの角度からが一番ベストなのかなと思いますが
ところどころ三脚持ちカメラマンがおられるのでその間から。
b0325840_23572144.jpg
b0325840_23572500.jpg
b0325840_23572886.jpg
途中、雨も降ってきたので竹林の小径へ移動します。
途中、ゆるキャラがいました。
なごみしばっこさん。
和み柴っこが正式名称みたいです。
b0325840_23573531.jpg
でました!月橋渡(つきはしわたる)くんです。
初めてみたときびっくりしましたが
今は慣れてしましました(笑)
ご存じない方のために、なんで渡月橋かというと
b0325840_23574409.jpg
いちおう背中に渡月橋を背負っています。
b0325840_23575408.jpg
竹林の小径へ。
b0325840_23580252.jpg
ここは見上げるしかありません。
b0325840_23581708.jpg
無人の小径を撮るには努力と根気と運が必要です。
自分は歩きながらながらの撮影。
b0325840_23581415.jpg
無人ではありません。
b0325840_23582518.jpg
小径をぬけ川の方へもどります。
今年は寺社にはよらずあっさりと帰路へ。
b0325840_23583444.jpg
b0325840_23583859.jpg
b0325840_23584247.jpg
b0325840_23584751.jpg
b0325840_23590027.jpg
b0325840_23590765.jpg
b0325840_23591351.jpg
嵐山花灯路でした。
綺麗でしたが渡月橋と竹林の小径だけだとまんねり感を感じてしまいますね。


by kurese0535 | 2017-12-23 00:18 | 京都・冬 | Trackback | Comments(6)
2017年 12月 21日

紅葉の京都御苑

2017年11月23日撮影
更新が遅れています

智積院から御苑へ。
いいお天気でしたが途中、雨が降ったりもしてました。
さて、御苑ですが・・
b0325840_23342988.jpg
いつものイチョウはいい感じでした。
b0325840_23344231.jpg
b0325840_23344598.jpg
b0325840_23345015.jpg
b0325840_23345227.jpg
こちらのイチョウは早いのでしょうか??
b0325840_23345915.jpg
b0325840_23350368.jpg
b0325840_23350786.jpg
やはり青空がいいですね。
b0325840_23353131.jpg
色鮮やかに見えますが実際はもう少しよくないです。
b0325840_23351011.jpg
b0325840_23351409.jpg
b0325840_23351996.jpg
b0325840_23352322.jpg

b0325840_23353940.jpg
b0325840_23354983.jpg
b0325840_23355343.jpg
b0325840_23403082.jpg
ちょっと早い目だったような御苑の紅葉でした。


by kurese0535 | 2017-12-21 23:43 | 京都・秋 | Trackback | Comments(6)
2017年 10月 29日

滋賀 近江八幡市 野田町のコスモス畑2017

2017年10月9日撮影
更新が遅れています
1.
b0325840_14032346.jpg
善峯寺から市内中心へ戻ったらなかなかの天気!
JRのまま亀岡の夢コスモス園にいくか近江八幡へ行くか迷って・・
バス乗らずに済む近江八幡へ。
近江八幡駅から徒歩25分ほど。近江鉄道と新幹線が交差するあたりの野田町へ。
毎年休耕田を利用してコスモスが植えられています。
もともとは休耕田にゴミを捨てられるのが後を絶たないことから始まったコスモス畑。
毎年休耕田は変わるのでエリアも変わります。
今年は少し小さめにも感じましたけどそれでも見事なコスモス畑が広がっていました。
2.
b0325840_14033961.jpg
3.
b0325840_14034307.jpg
4.
b0325840_14034764.jpg
5.
b0325840_14035518.jpg
6.近くには新幹線が走ります。
b0325840_14051340.jpg
7.見頃。
この週の末ごろは一番よかったと思いますが
残念ながらこの日より曇り、雨が続きコスモス祭も中止になったそうです。
b0325840_14062603.jpg
8.近江八幡駅に着いた時、ちょっと曇っていたのですが
なんとか晴れてくれました。
b0325840_14073482.jpg
9.
b0325840_14075385.jpg
10.三連休3日目の祭日とあって多くの方が訪れてました。
家族連れやカップル、カメラ女子、モデルさんになってる人など様々。
撮り鉄さんやカメラ持ったおじさん(自分)など・・
b0325840_14105612.jpg
11.
b0325840_14113223.jpg
12.かなり背の高いコスモスなので思わず万歳で撮ったりしたくなります。
一脚か脚立が欲しくなったりします。
b0325840_14120518.jpg
13.
b0325840_14120998.jpg
14.
b0325840_14123288.jpg
15.新幹線とコスモス。
b0325840_14143305.jpg
16.
b0325840_14160734.jpg
17.京都からの上りの新幹線は音が聞こえるのでわかりやすですが
下りは山など地形の影響で聞こえづらく突如現れよく逃してしまいます。
b0325840_14164821.jpg
18.
b0325840_14221170.jpg
19.色分けされたコスモス畑。
b0325840_14190871.jpg
20.密度が高いので絨毯のようです。
b0325840_14192398.jpg
21.
b0325840_14193030.jpg
22.鉄塔とコスモス
b0325840_14195383.jpg
23.太陽キラリ。
b0325840_14210466.jpg
24.
b0325840_14211280.jpg
25.
b0325840_14212222.jpg
26.
b0325840_14213724.jpg
27.キバナコスモスは早い目にさくので見頃は過ぎ始めていました。
b0325840_14224349.jpg

ここは畑より西側、野田町外?の学校の近くなのですが
今年ここは休耕田ではありませんでした。
28.少しだけ咲いていたコスモスと近江鉄道(10月5日撮影:X-T2)
b0325840_14230581.jpg
29.近江鉄道とコスモス(10月5日撮影:EOS5Dmark3)
b0325840_14230802.jpg

今年唯一のコスモス撮影となった近江八幡市野田町のコスモス畑でした。
この時期、こちらやラコリーナなど合わせていかれている方も多いようです。
熱心に毎年通い始めて5年目。いつも同じ画ばかりなので夕景とかハイアングルとか
来年以降は撮ってみたいと思いました。
30.
b0325840_14234770.jpg
この日以降、雨、曇り、台風と非常に天気が悪い数日間。
そして二週続けての台風襲来と日本各地で被害が出ています。
これ以上被害がでませんように・・。


by kurese0535 | 2017-10-29 17:31 | 滋賀・秋 | Trackback | Comments(8)
2017年 10月 19日

奈良 鹿の角きり

2017年10月8日撮影
更新が遅れています
b0325840_21311989.jpg
鹿の角きりを見に行ってきました。

この日の前日、ちょうどテレビをつけたらニュースで一枚目のような映像が映って三日間行われるとのことを知り、
翌日思い立って奈良へ。
12時から15時までとのことで11時ごろに春日大社の鹿苑角きり場へ。
そしたらやっぱり長蛇の列。
11時半頃に列が動きだし入場。
角きりは1公演約1時間の3公演、完全入れ替え制だそうで
1公演目に入ることはできましたが・・・
b0325840_21312773.jpg
最前列は空いていなくて当初、隙間から撮影しようとしていました。
ところが最前列の人は後ろの人も見えるように低くしてくださいとアナウンス。
で、自分はこの写真のちょうど人と人の間にいるわけですが
低くするしかなくどうしようかと思っていたら
なんと、最前列の方が足が痛いと仰って後ろの席へ。
前があき、ここいいですかとお聞きしたらどうぞ!
ということで運良く最前列へ着くことができました。
b0325840_21313278.jpg
ただひざ立ちスタイルでの撮影。これが結構きつかったのです。

鹿の角きり
江戸時代初期、危険防止と樹木の保護のため始まった伝統行事。
オスジカの角は毎年生え変わり、春先に自然に脱落して4月ごろ新しく生え出す。
秋に角が完成するためこの時期に角きりが実施されます。
勢子と呼ばれる人たちが角きり場に追い込まれた荒々しいシカをつかまえ、
神官によって角を切りるという、古都の秋を彩る勇壮な行事。(奈良観光サイトより)

以下文字は読まないでください。
お恥ずかしながらこの行事の詳細を知らなかった自分は・・・
羊の毛を刈るみたいに流れ作業みたいなのと思ってたので(恥)・・・

b0325840_21313975.jpg
鹿が走ってでてきてびっくりしました(笑)
b0325840_21320963.jpg
角きり場へ追い込まれた鹿たち。
ちょっと挙動不審状態。
b0325840_21321800.jpg
オスどおし、角でやりあったり・・
て、もうすぐその角きられますよ!
こういうの見れたのもよかったです。
b0325840_21322261.jpg
勢子さんが登場。
赤い旗で追い込み左の縄で角に引っ掛けます。
b0325840_21322762.jpg
b0325840_21345931.jpg
b0325840_21351478.jpg
b0325840_21354216.jpg
b0325840_21354751.jpg
b0325840_21355366.jpg
b0325840_21360141.jpg
逃げる鹿。
b0325840_21454863.jpg
縄が引っ掛かったら引っ張られます。
b0325840_21453525.jpg
必死で抵抗する鹿。
この鹿途中で角が折れてしまい再び逃走。
b0325840_21455144.jpg
b0325840_21361442.jpg
b0325840_21362400.jpg
b0325840_21363388.jpg
b0325840_21364071.jpg
柱まで引っ張り込んで
b0325840_21365510.jpg
よってたかった押さえ込みます。
b0325840_21370851.jpg
ゴザと枕が引かれネイルサロンならぬ角サロン?みたいな
b0325840_21371252.jpg
角きり中、他の二頭はこれないよう角きり場を仕切ります。
b0325840_21372148.jpg
なにか飲ませているようです。
b0325840_21375503.jpg
角をギコギコと・・・
痛くないそうですが・・
人間でいう爪を無理やりきられてる、痛くない歯を削られている気分は
いいとは言えないですね・・・
b0325840_21375931.jpg
b0325840_21380210.jpg
他の二頭も・・
b0325840_21381348.jpg
b0325840_21382470.jpg
b0325840_21383037.jpg
b0325840_21384305.jpg
柱が二箇所あり観客が見やすいよう偏らないようにされています。
b0325840_21384986.jpg
最後の一頭。縄はすでにかかっているし不安かもですね。
b0325840_21390490.jpg
そして最後の一頭も
b0325840_21391811.jpg
b0325840_21392748.jpg
b0325840_21393332.jpg
b0325840_21393670.jpg
b0325840_21394184.jpg
b0325840_21394634.jpg
b0325840_21395648.jpg
この画、鹿がなんかシュールに写ってる気がしました。
b0325840_21400178.jpg
b0325840_21401134.jpg
b0325840_21401714.jpg
b0325840_21402474.jpg
b0325840_21403187.jpg
角を切られた鹿はなんだか優しく小さく見えますね。
b0325840_21404148.jpg
切られた後はすぐ角きり場を退場です。
b0325840_22225590.jpg
こんな感じで1公演は終了しました。
撮影は難しく縄をかけるところとか旗の追い込みとか撮れませんでした。
でも初めて拝見してとても面白かったです。

角きり場退場間際。
トラックのようになっています。
b0325840_21404809.jpg
小一時間、ひざ立ちで撮影したので帰りは膝がガクガクになってしまいました。

奈良の鹿の角きりでした。
大量へっぽこ写真失礼いたしました。

★鹿の角きり(2017年終了)
2017年10月7、8、9日 12時〜15時
大人1000円・子供500円 当日券のみ
場所:春日大社境内、鹿苑

by kurese0535 | 2017-10-19 22:40 | 奈良・秋 | Trackback | Comments(6)
2017年 10月 09日

奈良 明日香 彼岸花と案山子

2017年9月24日撮影
更新が遅れています

彼岸花が咲く奈良明日香、稲渕へ。
近鉄つかってびゅんとひとっ飛び。飛鳥駅についたら
日曜日でしたので稲渕行きのシャトルバスがあったので一気に稲渕へ。
案山子コンテストも開催中で案山子ロードにはたくさんの案山子が。
ジャンボ案山子。
稲渕のこの時期のシンボル的存在。
b0325840_21513844.jpg
大きいです。
b0325840_21520438.jpg
案山子ロードにはたくさんの彼岸花も。
b0325840_21521769.jpg
b0325840_21530029.jpg
b0325840_21530683.jpg
最近人気のミニオン案山子とわんちゃんず。
飼い主さんの言うことをきくおとなしいわんちゃんさんでした。
b0325840_21531186.jpg
棚田。
今年は少し寂しく感じました・・・
b0325840_21533219.jpg
b0325840_21533652.jpg
b0325840_21534969.jpg
b0325840_21535321.jpg
真っ赤の向こうは真っ赤な彼岸花
b0325840_21540730.jpg
b0325840_21570448.jpg
黄色い彼岸花。
b0325840_21570753.jpg
白い彼岸花。
b0325840_21571124.jpg
b0325840_21571889.jpg
だんだん人が多くなって賑わってきました。
b0325840_21582460.jpg
この青空は昼までもちませんでした。
b0325840_22000836.jpg
b0325840_22001738.jpg
b0325840_22002483.jpg
b0325840_22041787.jpg
b0325840_22042273.jpg
b0325840_22055146.jpg
曇ってきてテンション下がる。
明日香はよいところですね。この時期以外にも訪れてみたい。
b0325840_22043697.jpg
飛鳥寺を背景に。
b0325840_22050692.jpg
b0325840_22064369.jpg
b0325840_22070259.jpg
b0325840_22073327.jpg
橘寺。以外と近くにあったんですね。
初めて知りました。
b0325840_22080727.jpg
b0325840_22081541.jpg
奈良明日香の彼岸花が咲く風景でした。

この日はライトアップのイベントもあったようでその設備らが展開されていました。
また岡寺も以外と近くにあることを知って、今度訪れた時は寄ってみたいと思いました。

更新が思うように進まない・・・のは、無駄に枚数をアップするからかもしれません・・
似たような写真ばかりのブログにいつもお付き合いいただきありがとうございます。


by kurese0535 | 2017-10-09 22:23 | 奈良・秋 | Trackback | Comments(8)
2017年 10月 03日

亀岡 曽我部・穴太 彼岸花の里

2017年9月20日撮影
更新が遅れています
b0325840_22561990.jpg

彼岸花の定番、亀岡の彼岸花の里へ。
亀岡駅からバス乗ったりしますが・・・
美山、犬甘野、宇治田原へ行くこと思ったら随分楽だと思いました。

さて、この日、ほとんど曇っていまして、前日は晴れ、この日の翌日も晴れっていう
休みの日に曇になんでやねんと言いたくなってしまいました。
亀岡の青空率は自分はかなり低いです。
彼岸花は見頃でしたが蕾もあり、見頃過ぎの彼岸花もすでにありな感じでした。
あと少し花数減ったようにも見えましたが気のせいかな・・
1.
b0325840_22562435.jpg
2.
b0325840_22563511.jpg
3.
b0325840_22563934.jpg
4.あちらこちらで稲刈りが始まっていました。
ときおり稲刈りと絡めて写真を無駄にいっぱいアップします。
b0325840_22562897.jpg
5.
b0325840_22570438.jpg
6.
b0325840_22571182.jpg
7.
b0325840_22572063.jpg
8.機械で刈る
b0325840_22573528.jpg
9.手で刈る
b0325840_22575863.jpg
10.
b0325840_22581258.jpg
11.ここはまだ稲が青々としてます。
b0325840_22582116.jpg
12.
b0325840_22582518.jpg
13.
b0325840_22582936.jpg
14.赤い道
b0325840_22584011.jpg
15.彼岸花の里
b0325840_22585435.jpg
16.
b0325840_22585745.jpg
17.
b0325840_22590659.jpg
18.何気にアップで撮った一枚にバッタが隠れていました。
撮ってた時気づきませんでした。
b0325840_22591370.jpg
19.バッタいっぱい。
b0325840_22593711.jpg
20.
b0325840_22594242.jpg
21.
b0325840_23002952.jpg
22.
b0325840_22595144.jpg
23.彼岸花、いつもアカペッタんな写りになって難しい・・・
b0325840_22595654.jpg
24.一部やたらと倒れている稲は台風のせい?(台風通過から約3日後)
b0325840_23003591.jpg
25.
b0325840_23004087.jpg
26.
b0325840_23004678.jpg
27.彼岸花と栗
b0325840_23014491.jpg
28.
b0325840_23015030.jpg
29.
b0325840_23015641.jpg
30.ほんのわずか、青空が!でも真上で撮りにくい・・
秋空の下で撮りたかったな〜。
b0325840_23021158.jpg
31.後ろの木々、ハートが埋まっているように見えました。
(撮っていた頃、正寿院の記事でハートハートと言ってたせい?笑?)
b0325840_23021822.jpg
32.
b0325840_23022256.jpg
33.
b0325840_23031471.jpg
稲刈りが進む彼岸花の里でした。

先日、水尾へ行ってからとても疲れてしまってこの2日ほどばたんグゥーな状態・・・
寝ても寝ても眠いこのごろです。


by kurese0535 | 2017-10-03 23:40 | 京都・秋 | Trackback | Comments(8)
2017年 09月 27日

京の夏の旅 旧三井家下鴨別邸と百日紅

2017年8月と9月・・
更新が非常に遅れています
タイトル修正(9月28日):旧三井下鴨別邸⇨旧三井家下鴨別邸に訂正しました。

京の夏の旅とタイトルいれてますがどちらかというと百日紅
b0325840_00254634.jpg

b0325840_00243164.jpg
夏の旅期間は二階へ上がれたのですが1枚目でもわかるようにすごい人でした。
b0325840_00244177.jpg
なのでろくに撮れず、夏の旅終了後再び。
二階には上がれませんでしたが少しばかり静かでした。
なぜまた来たかはまたいつか・・。
で、百日紅がいい感じでしたので
b0325840_00251022.jpg
b0325840_00252944.jpg
b0325840_00252089.jpg
庭にでてみました。
b0325840_00261626.jpg
ピークは過ぎているぽいですが結構良かったです。
b0325840_00264214.jpg
b0325840_00264893.jpg
池にも散り花がたくさん落ちていました。
b0325840_00265027.jpg
旧三井下鴨別邸の百日紅でした。

ブログの更新が思うように進みません・・


by kurese0535 | 2017-09-27 00:35 | 京都・夏 | Trackback | Comments(10)
2017年 09月 12日

鷹峯 源光庵

2017年8月24日撮影
更新が遅れています。
b0325840_22020924.jpg
この日、ふと源光庵へ。
もともと自分には行きにくいところですので久しぶりの訪問です。
前回は地下鉄北大路から歩いて行きましたがさすがにバスへ乗りました。

この独特の雰囲気がけっこう好きです。
今頃ススキは見頃になってるんでしょうか。
b0325840_22030424.jpg
いいい天気でしたがものすごい暑かったです。
b0325840_22032205.jpg
b0325840_22033272.jpg
人気の悟りの窓と迷いの窓。
緑でも絶景ですが紅葉も絶景でしょうね。
自分は実際紅葉時に訪れたことがありません。
b0325840_22035491.jpg
丸い悟りの窓
b0325840_22042136.jpg
四角い迷いの窓
b0325840_22042980.jpg
どこから撮るのよいのか??
b0325840_22044611.jpg
迷います。カメラの腕とセンスは悟れず迷ってばかり・・・
b0325840_22045733.jpg
b0325840_22053030.jpg
b0325840_22053617.jpg
b0325840_22054254.jpg
b0325840_22065615.jpg
b0325840_22070065.jpg
天井は・・・
b0325840_22071719.jpg
雨漏りしてしみ跡ついたのではなく血の天井。
b0325840_22072150.jpg
伏見城落城の悲劇を伝えるもので
伏見城の床が天井に供養のためおさめられている。
b0325840_22074117.jpg
b0325840_22133797.jpg
b0325840_22114295.jpg
源光庵は窓だけじゃなくこんな床緑もありました。
b0325840_22090240.jpg
b0325840_22092882.jpg
b0325840_22101569.jpg
b0325840_22102140.jpg
b0325840_22102756.jpg
そんなこんなで源光庵をあとに。
b0325840_22110005.jpg
ここは駐車場側からの景色。
b0325840_22110742.jpg
夏の源光庵でした。
紅葉時、行くか行くまいか・・・


by kurese0535 | 2017-09-12 22:33 | 京都・夏 | Trackback | Comments(8)
2017年 09月 06日

京の夏の旅2017 京都大学 花山天文台

2017年8月20日撮影
更新が遅れています

地下鉄東山駅よりシャトルバス(無料)で花山(かざん)天文台へ。
1.
b0325840_20191492.jpg
2.京都大学 花山天文台
東山連峰の山中に昭和四年、日本で二番目に設立された大学天文台。
現在も最新天文学の研究の場として観測が続けられているそうです。
b0325840_20194335.jpg
3.
b0325840_20195110.jpg
4.
b0325840_20200475.jpg
5.
b0325840_20203146.jpg
ドームはすぐに開け閉めはできないので急な雨だと濡れてしまうそうなので締めたままでした。
また拝観者はもちろん、夏の旅のガイドさんでも施設内機器に触ることは禁止だそうです。
6.
b0325840_20203513.jpg
日本で三番目の大きさの45センチの屈折望遠鏡は古くて博物館的価値があるそうです。
7.
b0325840_20205008.jpg
8.
b0325840_20210201.jpg
9.
b0325840_20211241.jpg
10.
b0325840_20211645.jpg
11.
b0325840_20212319.jpg
12.外へ出て。
b0325840_20213324.jpg
街が見えますが山科区です。
お馴染みの京都の街は見えません。
ここは東山、清水寺より東奥なので見えないようです。
13.
b0325840_20220550.jpg
14.
b0325840_20221226.jpg
15.シャトルバスから歩いてきた道が下に見えます。
b0325840_20222174.jpg
16.昭和の洋式木造建築の歴史観。
b0325840_20223742.jpg
17.旧子午線館なので屋根が動かせて
b0325840_20224024.jpg
時間を測れるようになっています。
18.ドイツのアスカニア社製の子午儀(時刻観測機)
b0325840_20225646.jpg
19.他、いろんなものが展示してありました(なんだか難しくてわからなくなってきた)
b0325840_20230612.jpg
20.
b0325840_20233198.jpg
21.
b0325840_20233890.jpg
22.
b0325840_20241768.jpg
23.
b0325840_20242239.jpg
24.
b0325840_20244971.jpg
25.
b0325840_20244350.jpg
京の夏の旅で公開された京都大学、花山天文台でした。
ここでなくてもいいので、いつか実際望遠鏡を使って星やらをみてみたいものです。


by kurese0535 | 2017-09-06 21:45 | 京都・夏 | Trackback | Comments(12)