タグ:寺・社・院 ( 272 ) タグの人気記事


2017年 10月 23日

善峯寺の秋明菊

2017年10月9日撮影
更新がおくれています

珍しい連休だったこの日、どこへ行こうかと悩んでとりあえずこちら善峯寺さんへ。
秋明菊が咲いているときは初めて訪れました。
でもなんだか盛り盛り盛りっていう感じがしないのでへたくそな自分には難しい被写体でした。
そして雲もおおく微妙な天気。
b0325840_00022381.jpg
紅葉が赤くなり始めていました。
今赤いのってピーク時どうなるんでしょうか・・・
b0325840_00022611.jpg
b0325840_00022938.jpg
b0325840_00044496.jpg
b0325840_00044838.jpg
b0325840_00045414.jpg
b0325840_00051459.jpg
b0325840_00070113.jpg
b0325840_00070453.jpg
b0325840_00070909.jpg
b0325840_00071497.jpg
b0325840_00071865.jpg
b0325840_00072218.jpg
b0325840_00072619.jpg
b0325840_00072983.jpg
b0325840_00074010.jpg
b0325840_00074307.jpg
善峯寺の秋明菊でした。
天気良さそうに見えますがそうでもなくあっさりすぐ下山しました。
市内中心へ着いたらめっちゃ晴れていました。
そしてこの日を最後に今日まで青空を見たのは2、3日くらいでした。

エリアメールが鳴り響いています。
桂川氾濫の危険性などもあるようです。
これ以上何事もなく過ぎますように。


by kurese0535 | 2017-10-23 00:29 | 京都・秋 | Trackback | Comments(5)
2017年 10月 19日

奈良 鹿の角きり

2017年10月8日撮影
更新が遅れています
b0325840_21311989.jpg
鹿の角きりを見に行ってきました。

この日の前日、ちょうどテレビをつけたらニュースで一枚目のような映像が映って三日間行われるとのことを知り、
翌日思い立って奈良へ。
12時から15時までとのことで11時ごろに春日大社の鹿苑角きり場へ。
そしたらやっぱり長蛇の列。
11時半頃に列が動きだし入場。
角きりは1公演約1時間の3公演、完全入れ替え制だそうで
1公演目に入ることはできましたが・・・
b0325840_21312773.jpg
最前列は空いていなくて当初、隙間から撮影しようとしていました。
ところが最前列の人は後ろの人も見えるように低くしてくださいとアナウンス。
で、自分はこの写真のちょうど人と人の間にいるわけですが
低くするしかなくどうしようかと思っていたら
なんと、最前列の方が足が痛いと仰って後ろの席へ。
前があき、ここいいですかとお聞きしたらどうぞ!
ということで運良く最前列へ着くことができました。
b0325840_21313278.jpg
ただひざ立ちスタイルでの撮影。これが結構きつかったのです。

鹿の角きり
江戸時代初期、危険防止と樹木の保護のため始まった伝統行事。
オスジカの角は毎年生え変わり、春先に自然に脱落して4月ごろ新しく生え出す。
秋に角が完成するためこの時期に角きりが実施されます。
勢子と呼ばれる人たちが角きり場に追い込まれた荒々しいシカをつかまえ、
神官によって角を切りるという、古都の秋を彩る勇壮な行事。(奈良観光サイトより)

以下文字は読まないでください。
お恥ずかしながらこの行事の詳細を知らなかった自分は・・・
羊の毛を刈るみたいに流れ作業みたいなのと思ってたので(恥)・・・

b0325840_21313975.jpg
鹿が走ってでてきてびっくりしました(笑)
b0325840_21320963.jpg
角きり場へ追い込まれた鹿たち。
ちょっと挙動不審状態。
b0325840_21321800.jpg
オスどおし、角でやりあったり・・
て、もうすぐその角きられますよ!
こういうの見れたのもよかったです。
b0325840_21322261.jpg
勢子さんが登場。
赤い旗で追い込み左の縄で角に引っ掛けます。
b0325840_21322762.jpg
b0325840_21345931.jpg
b0325840_21351478.jpg
b0325840_21354216.jpg
b0325840_21354751.jpg
b0325840_21355366.jpg
b0325840_21360141.jpg
逃げる鹿。
b0325840_21454863.jpg
縄が引っ掛かったら引っ張られます。
b0325840_21453525.jpg
必死で抵抗する鹿。
この鹿途中で角が折れてしまい再び逃走。
b0325840_21455144.jpg
b0325840_21361442.jpg
b0325840_21362400.jpg
b0325840_21363388.jpg
b0325840_21364071.jpg
柱まで引っ張り込んで
b0325840_21365510.jpg
よってたかった押さえ込みます。
b0325840_21370851.jpg
ゴザと枕が引かれネイルサロンならぬ角サロン?みたいな
b0325840_21371252.jpg
角きり中、他の二頭はこれないよう角きり場を仕切ります。
b0325840_21372148.jpg
なにか飲ませているようです。
b0325840_21375503.jpg
角をギコギコと・・・
痛くないそうですが・・
人間でいう爪を無理やりきられてる、痛くない歯を削られている気分は
いいとは言えないですね・・・
b0325840_21375931.jpg
b0325840_21380210.jpg
他の二頭も・・
b0325840_21381348.jpg
b0325840_21382470.jpg
b0325840_21383037.jpg
b0325840_21384305.jpg
柱が二箇所あり観客が見やすいよう偏らないようにされています。
b0325840_21384986.jpg
最後の一頭。縄はすでにかかっているし不安かもですね。
b0325840_21390490.jpg
そして最後の一頭も
b0325840_21391811.jpg
b0325840_21392748.jpg
b0325840_21393332.jpg
b0325840_21393670.jpg
b0325840_21394184.jpg
b0325840_21394634.jpg
b0325840_21395648.jpg
この画、鹿がなんかシュールに写ってる気がしました。
b0325840_21400178.jpg
b0325840_21401134.jpg
b0325840_21401714.jpg
b0325840_21402474.jpg
b0325840_21403187.jpg
角を切られた鹿はなんだか優しく小さく見えますね。
b0325840_21404148.jpg
切られた後はすぐ角きり場を退場です。
b0325840_22225590.jpg
こんな感じで1公演は終了しました。
撮影は難しく縄をかけるところとか旗の追い込みとか撮れませんでした。
でも初めて拝見してとても面白かったです。

角きり場退場間際。
トラックのようになっています。
b0325840_21404809.jpg
小一時間、ひざ立ちで撮影したので帰りは膝がガクガクになってしまいました。

奈良の鹿の角きりでした。
大量へっぽこ写真失礼いたしました。

★鹿の角きり(2017年終了)
2017年10月7、8、9日 12時〜15時
大人1000円・子供500円 当日券のみ
場所:春日大社境内、鹿苑

by kurese0535 | 2017-10-19 22:40 | 奈良・秋 | Trackback | Comments(6)
2017年 09月 18日

宇治田原 正寿院 ハートの猪目窓と風鈴まつり

2017年8月31日撮影
更新が遅れています

1.ハートの猪目窓でとても人気の正寿院さんへ初訪問。
ようやく行ってきました・・・しかし・・・
b0325840_22144827.jpg
まずは不安な道中のお話・・・
近鉄新田辺駅からバスで維中前というバス停まで行くのですが
新田辺駅について調べてきたバスの系統が止まる乗り場が見つからない・・・
ここから、もうつまづく・・・
で、どうしてもわからないので駅のインフォメーションで聞いてみたらバスの番号が違いました???
とりあえず教えていただいたバスがやってきて維中前まで。
このバス、乗りながらいったいどこ走ってんねん???みたいな状態。
維中前につくと周りはほんまになにもない・・・
シャトルバスも来そうにないので止まっていたタクシーに声をかけて正寿院まで。
2.そしてようやく到着。風鈴祭りも開催中でしたので風鈴が心地よく鳴り響いていました。
風鈴、あとで撮ろうとして忘れてしまいました。
2.
b0325840_22150408.jpg
3.
b0325840_22151184.jpg
受付で拝観料を払って中へ。
4.そしてお茶をいただきました。
b0325840_22153253.jpg
5.そして猪目窓がある客殿のところへ。
これが人気のハートの猪目窓。女子力高い窓です。
猪目とはハート型であり古来から伝わる日本伝統文様のひとつだそうです。
四季折々、楽しめるそうですが自分には気軽に行けません。
猪目の外が眩しくて撮影が難しい・・・
b0325840_22155673.jpg
6.
b0325840_22160136.jpg
7.天井画
日本の風景をテーマにした160枚の画が天井をうめつくしています。
b0325840_22161176.jpg
8.
b0325840_22161482.jpg
9.
b0325840_22165446.jpg
平日だったのにけっこうたくさんこられていました。
ちょっと人がひいたときに畳の上に置いて撮りました。
10.
b0325840_22170285.jpg
11.
b0325840_22171486.jpg
12.
b0325840_22171873.jpg
正寿院さんでした。
風鈴まつりは9月18日までです。

帰り、客殿からでて少しするとなにやらシャトルバス(無料)らしきものが・・
維中前へ行くんですか?乗っていいんですか?と聞いたら町を少し回りますが行きますし乗れますよということで乗って撤収です。
乗ったのは自分だけでしたので運転手さんといろいろ話をしながらバス停へ。
シャトルバスは町内のお年寄りや車を持ってない方のために自治体が運用されているそうで
遠方からの参拝者用のための運用ではないそうです。
話の途中、町外者は有料にすればと提案してみましたがそれはそれで運用がたいへんになるそうで・・
その他、正寿院はハートの猪目窓ですごく人が来るようになり、風鈴まつりからさらに多くなったとのこと。
新幹線に乗って来られる方もおられるそうで・・
維中前へついて、新田辺駅へ行くバスにも乗れて無事帰還しました。
自分にはなかなか気軽には行けないところでした。

キヤノンのカメラも修理が先日、終了し手元へ戻ってきました。
綺麗になってまた撮影できそうですが台風で撮影に出れていません。


by kurese0535 | 2017-09-18 23:20 | 京都・夏 | Trackback | Comments(16)
2017年 09月 12日

鷹峯 源光庵

2017年8月24日撮影
更新が遅れています。
b0325840_22020924.jpg
この日、ふと源光庵へ。
もともと自分には行きにくいところですので久しぶりの訪問です。
前回は地下鉄北大路から歩いて行きましたがさすがにバスへ乗りました。

この独特の雰囲気がけっこう好きです。
今頃ススキは見頃になってるんでしょうか。
b0325840_22030424.jpg
いいい天気でしたがものすごい暑かったです。
b0325840_22032205.jpg
b0325840_22033272.jpg
人気の悟りの窓と迷いの窓。
緑でも絶景ですが紅葉も絶景でしょうね。
自分は実際紅葉時に訪れたことがありません。
b0325840_22035491.jpg
丸い悟りの窓
b0325840_22042136.jpg
四角い迷いの窓
b0325840_22042980.jpg
どこから撮るのよいのか??
b0325840_22044611.jpg
迷います。カメラの腕とセンスは悟れず迷ってばかり・・・
b0325840_22045733.jpg
b0325840_22053030.jpg
b0325840_22053617.jpg
b0325840_22054254.jpg
b0325840_22065615.jpg
b0325840_22070065.jpg
天井は・・・
b0325840_22071719.jpg
雨漏りしてしみ跡ついたのではなく血の天井。
b0325840_22072150.jpg
伏見城落城の悲劇を伝えるもので
伏見城の床が天井に供養のためおさめられている。
b0325840_22074117.jpg
b0325840_22133797.jpg
b0325840_22114295.jpg
源光庵は窓だけじゃなくこんな床緑もありました。
b0325840_22090240.jpg
b0325840_22092882.jpg
b0325840_22101569.jpg
b0325840_22102140.jpg
b0325840_22102756.jpg
そんなこんなで源光庵をあとに。
b0325840_22110005.jpg
ここは駐車場側からの景色。
b0325840_22110742.jpg
夏の源光庵でした。
紅葉時、行くか行くまいか・・・


by kurese0535 | 2017-09-12 22:33 | 京都・夏 | Trackback | Comments(8)
2017年 09月 02日

奈良 橿原市 おふさ観音 風鈴まつり

2017年8月13日撮影
更新が遅れています

本薬師寺跡の訪問日とは別日。
まとめて行かないのところがとてももったいない気もしますが
この日もやっぱり猛暑・・・
暑すぎてぐだぐだでお参りとか厳しいので出直しです。

八木西口駅から歩いておふさ観音さんへ。
駅からは微妙な距離感ですが藤原宮跡へ行くよりは近いです。
到着して人少ないのかなと思ったらそうでもなかったです。
b0325840_22100076.jpg
風鈴まつりが開催され
境内にはたくさんの風鈴が吊るされ、風が吹くと心地よい音色が響いていました。
b0325840_22160723.jpg
b0325840_22102558.jpg
b0325840_22102931.jpg
b0325840_22104222.jpg
b0325840_22105801.jpg
b0325840_22110235.jpg
b0325840_22112581.jpg
b0325840_22121710.jpg
これ、お手洗い場のところにあるんですが鳴らすととてもいい音してました。
b0325840_22122138.jpg
奈良と言えばせんとくん!
の風鈴。
b0325840_22134242.jpg
またまた登場、写り込んだ自分!
なぜ、このクソ暑いのに長袖なんだ?女子じゃあるまいし多少焼けてもいいだろ
とか突っ込まれる前に
日焼けなど皮膚に熱を持たせると
腕の弱そうなところに吹き出物ができてしまうので
予防策として長袖です。撮影地でカメラ持った長袖のおっさんは僕の可能性高いです(笑)
b0325840_22142315.jpg
b0325840_22143523.jpg
無風だと静か。
b0325840_22154526.jpg
風が吹き抜けると鳴り響きます。
4K動画が撮れるカメラ(FUJIFILM X-T2)でしたので動画もとったんですが
パソコンがしょぼくてコマ落ちしてしまうのでアップはやめました・・・
b0325840_22155230.jpg
b0325840_22160261.jpg
おふさ観音さんの風鈴まつりでした。
風鈴、いい感じで撮れません・・・

更新がまだまだ遅遅状態です。
まだ日中は暑いですが朝や晩は大分下がって空の様子も秋の気配ですね。
今日は・・主力のカメラ(EOS5D3)を修理にだしました。
キヤノンデジタルハウスが移転していてびっくりしました(^_^;)


by kurese0535 | 2017-09-02 22:51 | 奈良・夏 | Trackback | Comments(8)
2017年 08月 03日

伏見稲荷大社 本宮祭の夜

2017年7月23日撮影
更新が遅れています

伏見稲荷大社 本宮祭

祇園祭後祭宵山のこの日、宵山へ再訪しようか迷いましたが近いこちらへ。
今年もやっぱり人が多かったですが・・
気持ち去年より減ったような気がしたような同じような・・
映画「千と千尋の神隠し」のような雰囲気(映画のモデルは台湾です)になるこの宵宮と本宮の二日間(2017年7月22、23日)。
好きなんですけど今年は撮っていて・・・
あれ???飽きてきたかもと思ったり・・・
撮影機材変わらず腕もセンスも同じなら毎年同じ写真のよう・・・

1.
b0325840_21591802.jpg
2.
b0325840_21593133.jpg
3.まだ明るい時に歩いたら一瞬だけ無人でした。
b0325840_22002785.jpg
4.
b0325840_22003769.jpg
5.
b0325840_22004246.jpg
6.
b0325840_22004735.jpg
7.狐の面つけた浴衣女子さんがこの雰囲気にとても似合います。
b0325840_22005301.jpg
8.迷い込みそう
b0325840_22005737.jpg
9.
b0325840_22010660.jpg
10.
b0325840_22011030.jpg
11.
b0325840_22011348.jpg
12.提灯だけでなく稲荷山の鳥居の一つも光ります(左下あたり)。
いつも送り火のようと思いながら・・本物の五山の送り火、今年も見れそうにないとか思ったり。
b0325840_22011578.jpg
伏見稲荷大社、本宮祭の夜でした。


by kurese0535 | 2017-08-03 22:19 | 京都・夏 | Trackback | Comments(8)
2017年 07月 20日

祇園祭 前祭 山鉾巡行

2017年7月17日撮影

曳き初めや宵々山など撮影しましたがどうもろくなの撮っていないので
いきなりですが山鉾巡行です。

久しぶりの山鉾巡行(前祭)を見に行ってきました。
いっぱい撮っているので選別に時間がかかるので
さっとピックアップしてアップしています。

新町御池のところで待機して撮影してみました。
場所的に厳しい感じでしたがなんとか背伸びしたりしながら撮影・・。
やっと先頭の長刀鉾。待ち時間2時間以上・・・。
b0325840_20210616.jpg
お稚児さんが降りられます。
b0325840_20211032.jpg
b0325840_20212123.jpg
長刀鉾辻回し。
b0325840_20212633.jpg
新町通案内と信号機が邪魔だなーっと。
この信号は巡行の妨げにはならずたたむことはしません。
というかそういう構造にもなっていないようです。
b0325840_20271251.jpg
御池通りに山鉾が続々と。
b0325840_20273091.jpg
b0325840_20273492.jpg
函谷鉾辻回し。
b0325840_20273845.jpg
月鉾辻回し。
b0325840_20274143.jpg
b0325840_20274789.jpg
鶏鉾辻回し。
b0325840_20275220.jpg
b0325840_20275748.jpg
船鉾辻回し。
b0325840_20280480.jpg
大きな鉾が広い御池通りから細い新町通りにスポッと入っていくのが
スケール的にびっくりしました。
b0325840_20281100.jpg
前祭、山鉾巡行でした。
相変わらずうまくと撮れません・・
もう祇園祭は自分にはしんどいです・・。つくづくそう思った今年でした。


by kurese0535 | 2017-07-20 20:48 | 京都・夏 | Trackback | Comments(14)
2017年 07月 15日

三室戸寺の紫陽花

2017年6月21日撮影
更新が非常に遅れています

雨が降る日に三室戸寺さんへ。
前日夜から大雨?だった(日にち経ちすぎちょっと忘れてきました・・)この日、
ようやく紫陽花日和になったかと無理していきました。
多少小雨になったものの降ったり止んだり、やっぱりカメラもろともドボドボに・・
こんな日でも拝観者は多く傘もさされるので・・・
b0325840_23492026.jpg
SNSやらでは青いのがよく咲いている写真があったんですが
なんともあまり咲いて(大雨で葉に埋もれた?)なく感じで・・
近年新しく植えられた区画は綺麗でした。
b0325840_23494061.jpg
b0325840_23500543.jpg
b0325840_23501643.jpg
b0325840_23501993.jpg
これ、ハートの紫陽花。
実は縦の写真を90度横にしています。
b0325840_23502787.jpg
雨が降っているのにそれに似合った紫陽花を撮れず
ただの紫陽花写真(図鑑よりひどい・・)ばかり・・
b0325840_23504237.jpg
b0325840_23504549.jpg
b0325840_23504867.jpg
b0325840_23505343.jpg
b0325840_23505791.jpg
b0325840_23511160.jpg
紫陽花パフェをいただきました。
雨なので和傘などなくちょっとさびしい。
b0325840_23512691.jpg
蓮も咲き始めていました。
唯一降っている雨が写っている写真。
b0325840_23515606.jpg
b0325840_23520582.jpg
b0325840_23520866.jpg
ハートの紫陽花2
出口近くでもう一つ見つけました。
b0325840_23521261.jpg
三室戸寺さんの紫陽花でした。

もう祇園祭も前祭、宵山。
すこし撮っていますがとてもじゃないですがブログに追いつきません。
あと暑すぎてバテバテになっております。
写欲もだださがり・・・。
各ブログ様、コメントもおろそかになっております。
ご了承ください。




by kurese0535 | 2017-07-15 00:04 | 京都・夏 | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 09日

智積院の紫陽花

2017年6月18日撮影
更新が非常に遅れています

紫陽花咲く智積院へ。
この日、午前中に三室戸寺へ行ったら・・・
ものすごい人でしたので入るのを諦め、智積院へ・・
あれ?数年前もこのパターンをやってしまったような気がしてきました。

さておき、智積院。梅雨入りしていながらも雨がまだ降らずだったとき。
潤いも元気もないものも多かったです。

金堂北西側。
智積院といえば五色幕がやっぱり良いです!
1.
b0325840_22503872.jpg
こちら側で女子二人組の方が熱心に撮影されていましたので東南側にもあると教えてあげました。
以外とあまり知られていない智積院さんの紫陽花です。
自分も数年前はそうでしたけど(笑)
2.
b0325840_22521928.jpg
東南側。
ちょっと早い目ですがやはり全体的に元気がなかったです。
特に影にならないところは。
3.
b0325840_22531277.jpg
4.
b0325840_22543842.jpg
5.
b0325840_22544218.jpg
あとで気づいたハートの紫陽花。
なんとなくですけど写真にしたらそう見えただけだと思います。
6.
b0325840_22545873.jpg
必死で探したハートの紫陽花。
ピンク色で良かったですが
必死に探すのはよくない気がしてきました。
7.
b0325840_22554786.jpg
傾いたハートの紫陽花ツインズ。
8.
b0325840_22560913.jpg
よくなったころに再訪もできずでした紫陽花咲く智積院さんでした。


by kurese0535 | 2017-07-09 23:23 | 京都・夏 | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 02日

大阪 天王寺 一心寺のジャカランダ

2017年6月14日撮影
更新が非常に遅れています

梅雨入りしているのに雨がまだ降らずにいたこの日、天気も夏のようでしたので
紫陽花、菖蒲、さつきはやめて一心寺さんへ。
去年くらいにSNSやらでジャカランダという珍しい花木が咲くことを知って訪れてみました。
どうもジャカランダ(正)とジャラカンタ(誤)を言い間違え、覚え間違えてしまいそうな舌を噛みそうな名前です。
b0325840_22174270.jpg
b0325840_22174815.jpg
ジャカランダ
シソ目 ノウゼンカズラ科 ジャカランダ属
ジャカランダは南米原産の常緑樹。
雨季のはじまりに開花する性質を持つため、日本では6月ごろに開花します。
和名は「キリモドキ」でブラジルに移民した日系人がつけた名前のようです。
ブラジルやアルゼンチンなど、比較的暖かい地域が原産であるため、日本ではまだまだ珍しい花であると言えましょう。
花博記念植物園など限られた場所にのみあります。
※一心寺境内、立て札案内より
b0325840_22183082.jpg
訪れた時は御開帳もしてた期間のようで
ものすごい参拝者が来ておられました。
参拝行列が長蛇になると撮影禁止になるようですがこのときは撮影可能でしたので
自分も参拝後、邪魔にならないよう遠くから撮影しました。
お寺ですがなにか似合わない設備や建物がありました。
b0325840_22184253.jpg
こんなのも咲いていました。
b0325840_22184595.jpg
真ん中のへん、ジャカランダの実でしょうか???
b0325840_22185164.jpg
咲き具合はそこそこ。
ジャカランダでググったら木が紫になるほど咲き誇っている写真がでてきます。
b0325840_22185794.jpg
b0325840_22190479.jpg
b0325840_22191217.jpg
b0325840_22210248.jpg
一心寺さんのジャカランダの花でした。
ここまで来て、なおかつ天気がよいので最後の写真のビルへ向かいます・・・


by kurese0535 | 2017-07-02 22:45 | 大阪・夏 | Trackback | Comments(12)