2014年 06月 10日

サツキが見頃な智積院へ・・・しかし

 智積院へ行ってきました。

撮影日は6月3日です。
お昼に写真展へ行った後、向かったのが智積院さん。
b0325840_22002023.jpg
サツキが見頃になろうというところでした。
b0325840_22003111.jpg
詩仙堂に比べたら人が少なめですが昼過ぎですと
庭園はご覧の通りです。
ここまでは予想通り。しかし、なんと庭園のお掃除中でした。(他、金堂前の参道も工事中←なのでタイトルにしかしをつけています)
ここをはじめ、他のところにも掃除する人だけでなく掃除用具やゴミ袋も・・
まあ、綺麗にしていただいての名勝庭園ですから・・
b0325840_22004015.jpg
前のほうへ行って軽く撮影し
b0325840_22004553.jpg
b0325840_22004936.jpg
一度くるっと回遊して
b0325840_22005650.jpg
再び戻ってきた時ここまでは撮れました。
b0325840_22010882.jpg
でも庭で掃除している方は写ってます・・
b0325840_22011289.jpg
手水鉢の左側でばしゃっとコイが飛び跳ね波打ちました。
コイは写ってませんでした。
b0325840_22012796.jpg
でも再びいっぱいになったので
b0325840_22014652.jpg
b0325840_22014850.jpg
五色幕のところへ。
b0325840_22024121.jpg
もう同じパターンで撮ってます・・
けどこちらの五色幕、お気に入りです。
b0325840_22025416.jpg
強い風でバタバタっと五色幕が乱れますが
b0325840_22030377.jpg
穏やかな風だと緩やかな波を描く五色幕。
b0325840_22030828.jpg
そろそろ庭園をでて
b0325840_22034480.jpg
紫陽花のほうへ行ってみます。
この日の紫陽花は暑さのせいかものすごく元気がありませんでした。
なので記事にあげてません。
b0325840_22035520.jpg
大丈夫かな〜と思いながら観ていたら
近くでカラスの行水。ことわざ通りです。
観たのは初めてでした。
b0325840_22042060.jpg
あっという間でした。
暑いから?習慣?
b0325840_22042462.jpg
こちらも近い将来見事なラインになりそうです。
b0325840_22043256.jpg
智積院でした。


by kurese0535 | 2014-06-10 22:45 | 京都・夏 | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kureseflow.exblog.jp/tb/22765321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2014-06-14 09:43
タイトル : 万緑の智積院
万緑や五色の幕の翻る 新緑号の向かった先は、 東山の智積院だった。 おそるべき君等の乳房夏来る 新緑萌え出る名勝庭園を眺めれば、ふと、西東三鬼の句が浮かんだ。 講堂を薫風が吹き渡り、 庭先で紫蘭が揺れた。 胸の奥まで届くかのような万緑の光が、ここにあった。 (撮影5月19日) 智積院 京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地 電話:075-541-5361 拝観:9:00~16:00 料金:500円 交通:JR京都駅よりバス10分、「東...... more
Tracked from 私のはんなり日記 at 2014-06-15 08:25
タイトル : ここが好き~智積院
一人で、ぼんやりしたいなぁと思うと、この季節に、ここ「智積院」に来るのが好きです。 サツキには、ちょっと遅れたようですが、まだまだ可愛く咲いてくれてたので、私の心を和ませてくれる。 ふと、人がいなくなる瞬間、ここを独占できる贅沢な時間が流れる。 ここに座ると、いつも徳永さんの「大事にするよ」が、私の中でハミングしてくれます。 随分前にメナードのCMに使われてから、頻繁に来ていますね。 以前もこちらでアップしました。 最近は、福山さんのアサヒビールのCMで、智積院にある長谷川等伯...... more
Commented by dejikaji at 2014-06-10 23:02
kurese0535さん、こんばんはです。
この前、前を通って行こうか悩んで辞めたんですが、これ見てたら行ってました~。
この時期はここも人が多いんですね。
ここの五色幕は自分も大好きなんですよね~、床に映り込んだ五色床、撮りたいな。
烏の行水はお見事です!
次は紫陽花の頃ですね。
Commented by miyakokoto at 2014-06-11 05:37
おはようございます♪ヽ(o^―^o)ノ
 智積院・・・昨年の梅の時期に行ったきりです。 ここも五月が有りましたネ 今年は行くべきでした。
根気よく人不在になるまで待って居られましたネ その分とても静かな
佇まいが伝わって来ます。 ここは次、何時頃が良いでしょうかネ
魅せて頂き有難うございました。
Commented by arak_okano at 2014-06-11 09:35
智積院さんの五色幕の動きと床への写りこみにバグースです。アラックも紅葉の時期に行った時に、池の水を抜いて清掃していました。
Commented by nararanran at 2014-06-11 10:11
こんにちは~
わぁ~綺麗ですね♪
しかし・・・笑
掃除中でしたか^^
カラスの行水初めてみました。
本当にするんですね(笑))
この暑さと湿度で、どこにも出かける気がおこらず
ダラケています(^_^;)
毎日、みなさんのblogにはおじゃましているのですが。
なかなか重いお尻があがらず(笑)
Commented by kurese0535 at 2014-06-11 21:59
dejikajiさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
以外と人多かったです。穴場じゃなくなる前兆でしょうか。
五色幕、いいですよね。去年初めてみて一目惚れでした。
行水してるときカラスかわかるように撮れませんでした。
次は紫陽花、綺麗にさいてくれるとよいですね〜。
Commented by kurese0535 at 2014-06-11 22:12
miyakokotoさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
諦めてましたがほんの一時、一方向だけ無人になりました。
1、2人くらいならよいのですがこれだけおられると人のシルエットだらけですね。
こちらはもうすぐ紫陽花、桔梗などが咲きます。
紫陽花は金堂裏、桔梗は参道沿いと花数的には小さいですが
綺麗ですよ。
Commented by kurese0535 at 2014-06-11 22:16
アラックさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
サツキがなくても五色幕だけで満足できますよね。
池の水を抜いての掃除ですか!!ある意味貴重な風景な感じもしますが
アラックさんのような遠方の方だと辛いですね。
Commented by kurese0535 at 2014-06-11 22:26
らんさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
そうなんです。掃除中でした。
あと記事にしてませんがらんさんの新緑の智積院の記事を拝見後
訪れたときは五色幕がありませんでした(笑)
カラスの行水、自分も初めて観ました。
この時期もなかなか辛いですよね。
天気も雨なのか曇りなのか晴れなのかよくわからいですしね。
撮影もブログも無理せずマイペースでよいのではないでしょうか。
Commented by kwc_photo at 2014-06-12 23:53
こんばんは。
智積院のサツキも素敵ですよね~。
やっぱりここのサツキの光景も外せません。
雨の降る中でしたが、土曜参観を終えた足で行ってきました。
お昼すぎの時間帯でしたのですごくたくさんの人が!(^o^;
さらに仁和寺のお坊さんご一行も!という、書院があふれるほど
の人だったのですが、待つこと30分。すばらしい静寂が訪れた
のでバッチリ広々と撮らせていただけました(^-^)

五色幕の映り込みがいいですね。床が本当に綺麗に磨かれている
証拠ですね。
Commented by kurese0535 at 2014-06-13 19:29
Katsuさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
サツキの智積院さんもいいですね。
去年同様、Katsuさんの写真展の帰りに訪れました。
仁和寺さんのお坊さんまで!!あるいみ凄いときですね!!
でも無人ショットですか!!さすがです。
こちらの五色幕、気に入ってしまって
観るたびにいろいろ撮ってしまいます。
Commented by kirafune at 2014-06-14 09:41
こんにちは!
こちらの五色幕と床の映り込み、
私も大好きです。
さつきのときのお庭、いいですね~。
また行きたくなりました。
本当に素敵な庭園ですね。
Commented by kurese0535 at 2014-06-15 00:58
kirafuneさん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。
五色幕、いいですよね〜♪
こちらはみなさんこぞって好きですよね。
京都在住でないkirafuneさんが好きって言うのは
京都ツウな証拠って感じがしますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 東福寺方丈 八相の庭へ      サツキが見頃の詩仙堂へ >>